4年生 アウトリーチ 演奏会

2021年12月23日(Thu)

今日は6時間目にアウトリーチの授業で演奏会が行われました。


ヴァイオリン演奏家の南紫音さんとピアノ演奏家の山中淳史さんによる演奏会で編曲した「子犬のワルツ」から始まり、お化けが出て来そうなちょっと不気味なアレンジの「きよしこの夜」情熱的なヴァイオリンが主役となるラヴェルの「ヴァイオリンソナタ」などを聴かせて下さいました。


指で弦を弾くピチカート奏法を多用したアレンジもあり弓とは全く違う豊かな表現や音色の響きに子供達も驚いたそうです。みんな静かに演奏に聴き入っていました。


質問コーナーでは興味津々の子供達から沢山の手が挙がり、その中でも「何歳から楽器を始めたのですか?」という質問に7歳からピアノを始めたという山中さんが「好きな事が出来たらいくつになってからでも遅くはないのでまずは始めてみよう!」と答えていらっしゃったのが印象的でした。


気持ちのこもった素晴らしい演奏をすぐ目の前で聴くことが出来て、心動かされた子供達も多かったと思います。貴重な機会を作って頂きありがとうございました。



E8A32136-470A-4204-A1BA-793BAAA118C0.jpegED38A05E-0802-48EB-B38F-B98E36A0C58B.jpeg
posted by 宮前PTA at 21:53 | 広報部より